ロゴタイトルオンラインブラウザゲーム専門のランキング・おすすめ情報を掲載

日本にも人気の波が押し寄せている話題のMOBAってどんなゲーム?

2014.12.24  /  ブログ

600-78789

世界的には数年前から広く知られ始めていたMOBAと呼ばれるジャンルのオンラインゲームですが、近年になってその波が日本にも強く押し寄せています。今回はそんな新ジャンルのMOBAについて代表的な作品などとともに簡単にご紹介していきます。

そもそもMOBAとは?

MOBAは「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」の略称で、RTS(リアルタイムストラテジー)の1ジャンルに定義されています。

プレイヤーは2つのチームに分かれお互いの本陣を攻略することを最終的な目的としますが、一般的なRTSと異なりプレイヤーは事前に選んだ1人のキャラクターだけを操作するという点がMOBA特有のルールです。「ヒーロー」や「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターにはさまざまな種類があり、それぞれ固有の能力やスキルを持つことからチーム内での役割もキャラクターやシーンごとに変化していくのが魅力の1つと言えます。

また、MOBAでは1試合ごとにキャラクターのレベルがリセットされるため、スタート時点で差が生じることはなく育成面に関しても純粋な実力勝負となる点も大きな特徴で、こうしたシステムにより「eSPORTS」として広く国際大会なども開催されるようになりました。

League of Legends

MOBA作品の中でもいま世界で最も人気を誇るのが「League of Legends」です。国際大会も頻繁に開催され数億円の賞金が出されることも多く、世界中から7000万人とも言われるプレイヤーが参加しています。

100種類以上にもおよぶ「チャンピオン」や多彩なゲームモード・マップの用意やルールの簡略化、チーム内での協力や戦略を重視したシステムなどが高い評価を受けている理由です。

これまで「League of Legends」に日本サーバーは存在せず、日本のプレイヤーがプレイするためには若干手間が掛かっていたのですが、遂に運営が公式に日本語紹介動画を公開したことから日本サーバーの登場も近いとされています。

カオスヒーローズオンライン

日本ではまだまだ馴染みの薄いMOBAですが、唯一国内のゲーム企業が運営しているMOBAと言える作品がSEGAの提供する「カオスヒーローズオンライン」です。SEGAは本作のジャンルのことを「AOS」と呼んでいますが、意味合いとしてはほぼ同義と考えて問題ありません。

日本人プレイヤー向けとも言える迫力のあるバトル・スキル演出やRPG的なキャラクター育成の充実、ファンタジー性溢れる個性的な70種類以上の「ヒーロー」などが本作の特徴です。また、「神聖連合」「不死軍勢」という善悪で対立する2つのチームに分かれて試合を行うため、他のMOBAと異なりストーリー性を感じられるという点もポイント!

まとめ

上記で紹介した2作品以外にも海外には数十万人、数百万人単位のプレイヤーを擁する人気MOBAもありますが、MOBAをはじめてプレイするという方は日本人プレイヤー数なども考慮し上記の作品からスタートしてみることがオススメです。ちなみにその他の作品としては「Heroes of Newerth」や「DotA Allstars」などが挙げられます。

おすすめブラウザゲーム

Reutopia(リュートピア)の画像です。

Reutopia(リュートピア)

多人数参加型のブラウザ対応オンライン・シミュレーションRPG

10位

ドラクエ モンスターパレードの画像です。

ドラクエ モンスターパレード

新たなドラクエの世界で、お馴染みのモンスターと壮大な冒険を始めよう!

2013年09月02日

13位

MazeMyth(メイズミス)の画像です。

MazeMyth(メイズミス)

クリックゲーの頂点!?手軽さを極めたブラウザMMORPG

2014年09月01日

グランドハーレムの画像です。

グランドハーレム

他国を侵略して美女をヤりまくれ!

2014年08月29日

声カレの画像です。

声カレ

豪華声優多数出演!女性向け恋愛シミュレーション×カードゲーム

2014年09月30日