ロゴタイトルオンラインブラウザゲーム専門のランキング・おすすめ情報を掲載

紹介サイトの管理人が人気オンラインゲームの”共通点”を分析!

2014.10.26  /  ブログ

MMORPGでは「ファイナルファンタジー14」や「ファンタシースターオンライン2」、FPSでは「Alliance of Valiant Arms」や「サドンアタック」、RTSでは近年急速に評価を高めている「League of legends」など、これらのオンラインゲームは全てジャンルやプレイヤー層が異なりますが、どれも爆発的なヒットを遂げた作品です。

日々、新たな作品が登場するとても競争の激しいオンラインゲーム市場において、これらの作品が長年に渡って高い評価とユーザーを確保し続けている理由はいったいどこにあるのでしょうか?今回はこうした人気オンラインゲームの共通点についていろいろな視点から分析していきたいと思います。

ユーザーを集める力

オンラインゲームの人気を左右する最大の要素は、ユーザー人口およびユーザーを集める集客力にあると考えています。なぜならオンラインゲームは、他人と交流するにしろ、対戦するにしろユーザー間のコミュニティが重要だからです。私の経験上、ユーザー人口が一度減少に転じてしまうと、その後盛り返すというのは非常に難しく、徐々に人口が減り、ゲーム自体も縮小していくと感じました。

上記で紹介したオンラインゲームも「ファイナルファンタジー14」は同時接続10万人以上、「League of legends」に至っては全世界で7000万人以上のユーザーがいるとされています。このような驚異的なユーザー数は、ゲーム自体が面白いという点はもちろんですが、効果的な広告やユーザー向けイベント、キャッチーなHP作りなど集客にも膨大な投資を行っていることが一般的です。

そして、こうした常に新規のユーザー獲得を狙い集客を図っているオンラインゲームこそ長期的な人気につながっているのだと思います。

他のゲームにない魅力

もう1つオンラインゲームの人気を語る上で欠かせないのは、そのゲーム独自の魅力です。量産型と呼ばれる既出のゲームと似たようなシステムを採用したゲームは、一定の人気やユーザーを獲得することはできますが、爆発的なヒットになることはあまりありません。

一方、大きくヒットする作品には、なにかしらユーザーの興味を惹く目新しいシステムや要素が存在しています。例えば、「 League of legends」は「e-Sport」、つまりゲームをスポーツの一種として昇華させたことが成功の秘訣だと本ゲームの運営・開発が述べています。

他人と競う競争性の高さやチームで協力して勝利を目指す戦略性や協調性などがこれまでのゲームにはない魅力としてユーザー間でも高い評価を受けました。そして大規模な大会の開催や多数のプロチームの設立などにより、現在の地位を確立したのです。

また、国内では最大の人気とされるFPS「Alliance of Valiant Arms」は、高性能のゲームエンジン「アンリアルエンジン3」を搭載し基本無料FPSとしては最高水準のリアルなグラフィックを実現していること、またあらゆるプレイスタイルが可能な500種類以上の豊富な武器などの要素が他の無料FPSと一線を画しています。

もちろん他にもゲームバランスや課金体系、ブランド性などゲームの人気を左右する点はさまざま存在していますが、上記の2点は特に大ヒットに必要不可欠な要素なのだと考えています。

おすすめブラウザゲーム

24位

CONQUERX2の画像です。

CONQUERX2

2012年10月24日

28位

戦国IXAの画像です。

戦国IXA

2010年08月09日

-位

艦これ(艦隊これくしょん)の画像です。

艦これ(艦隊これくしょん)

「艦隊これくしょん-艦これ-」(以下、艦これ)。一大ムーブメントを巻き起こし、今でも根強い人気を持つ作品です。アニメ化や劇場公開もされたため、ゲームファンだけではなく、アニメファンまで取り込んだ「お化けコンテンツ」として確立されました。

2017年02月24日

ブレイヴガール レイヴンズxRの画像です。

ブレイヴガール レイヴンズxR

美少女傭兵団を結成し、エッチな大冒険に出発だ!!

2016年06月09日